長崎県代協

損害保険トータルプランナーとは・・・

損害保険トータルプランナーとは、損害保険募集人の最高峰の資格です。この資格者は、損害保険に関連する法律・税務等の知識を基に、コンサルティングに関する知識や業務スキルを習得した保険募集のプロフェッショナルを意味しています。長崎県代協では、損害保険トータルプランナーを増やし、保険代理店がお客様からより一層の支持が得られる環境を作る必要があると考えています。

損害保険トータルプランナーチラシ(PDF版)

 

損害保険大学課程

損害保険トータルプランナーは損害保険大学課程(専門コース・コンサルティングコース)の修了が取得条件となります。日本代協が「コンサルティングコース」の教育プログラムの運営を行っており、長崎県代協ではこのコンサルティングコースの受講者を募集しています。毎年12月1日から2月中旬までがコンサルティングコース募集期間となっています。

 

損害トータルプランナー認定バッジ

損害トータルプランナーの証として、認定取得者だけが着用できる「損害トータルプランナー認定バッジ」を作成しています。

損害保険トータルプランナー認定バッジ申込書

 

損害トータルプランナーがいる代理店の検索

日本損害保険協会のホームページで、損害保険トータルプランナーがいる代理店が検索できます。

損害保険トータルプランナーがいる代理店検索サイト

多くの一般消費者が検索するサイトへの登録は、損害保険トータルプランナーの特典の一つであり、長崎県代協ではこの資格の認知度を高めることに繋がると考えていますので、ぜひ登録をお願いいたします。

新規登録・登録情報の修正・削除のお手続き